法人カードを選ぶ際にどんな点を比較するとよい?

バラエティー豊富な法人カードの中から、各事業者にぴったり合った1枚を見定めるのは容易なことではありません。カード会社もいろいろな事業規模の会社を念頭に置いて、異なる特徴やメリットを持ったカードをいくつも提供しています。では、法人カードをはじめて申し込む事業の場合、どんなポイントを考慮しつつ比較していくとよいかを解説していきます。

1つ目の比較ポイントは「年会費」です。起業したばかりの経営者や、キャッシュにまだそれほど余裕がないけれど法人カードを手に入れたいというケースでは、年会費が無料あるいは格安のカードを選択するとよいでしょう。一方、年会費は高くてもかまわないのでサービスが手厚い法人カードを選びたいという人には、ゴールドやプラチナといったハイグレードのカードをおすすめします。

年会費に関して圧倒的なコストパフォーマンスを誇るおすすめのカードは「オリコEXGold forBiz」です。年会費は2,000円で、初年度は無料といううれしい設定になっています。加えて、0.6%から1.1%という高いポイント還元率も大きな魅力です。さらに、社員向けとして最大3枚まで無料でカードを追加発行してくれますから、支払いをできるだけカードにまとめて経費を管理したいという人にもおすすめです。加えて、オリコと提携したネットショップで買い物をすれば、ポイントの還元率は最大15倍にもなります。提携しているショップにはAmazonや楽天市場、Yahoo!ショッピングなども含まれていますから、事務用アイテムやPCの周辺機器などを購入する際には大いに活用するとよいでしょう。

2つ目の比較ポイントは「ポイント還元サービス」です。多くの法人カードでは毎月の利用額に応じたポイント還元を実施しています。ポイント還元率が高いかどうかというのはもちろん重要なポイントです。それに加えて、比較を行う際にはポイントの使いやすさも確認しておきましょう。というのも、カードによってはポイント還元率は高いものの、それを活用できる提携ショップが非常に少なく使い勝手があまりよくないというケースもあるからです。また、還元率が月間の利用額に応じて変化するものもあれば、年間の利用総額によって変動するものもあるということも覚えておきましょう。

カードによってはポイント還元ではなくマイルを付与していたり、キャッシュバックを行っていたりします。飛行機を利用する機会が多いのであれば、航空会社と提携して効率よくマイルをためることができる法人カードがおすすめです。一例として、「ANA法人ワイドゴールドカード」は、通常のフライトでボーナスマイルが加算されることに加えて、クレジットカード利用によって付与されるポイントをマイルとして活用することもできるため、大変お得になっています。ただし、マイル加算をしてくれる法人カードはJAL系列とANA系列に分かれているので、どちらの航空会社を利用することが多いかをよく考えてから申し込みを行うことが大切です。

比較に役立つ3つ目のポイントは「発行までにかかる時間」です。法人カードは、カードのグレードにかかわりなく、申し込み手続きから手元へ届くまでに2、3週間かかるケースがほとんどです。とはいえ、忙しく働く事業主としてはできるだけ早く受け取りたいと思うことでしょう。経費管理の簡素化を考えていてできるだけ早く支払いのシステムを切り替えを行いたいというケースではなおさらのことです。ですから、申し込みからどれほど短期間でカードが発行されるのかという点を事前にチェックしておくのは肝要です。1週間以内にカードの発行を受けたいと考えているなら「セゾン・プラチナ・アメリカンエクスプレス」が良いでしょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*