海外出張が多い方におすすめ!プライオリティパス付帯の法人カード

ビジネスで海外出張が多い方におすすめなのが、プライオリティパスが付帯した法人カードです。海外の空港では待ち時間が長いことも多く、そんな時間をもっと有効活用できたらと感じることもあるでしょう。プライオリティパス付帯の法人カードならそれができます。ゆったりした空間で食事やお酒を楽しみながら出発までの時間を待つことも可能です。そこで、プライオリティパスの特徴を詳しく見ていきましょう。

ビジネスで世界各国に出かける方は、目的地以外のハブ空港での待ち時間も多いはずです。行き先によっては途中の空港で数時間も待つことを珍しくありません。そんな経験をしたことがある方におすすめなのがプライオリティパスです。

プライオリティパスとは、世界100カ国以上、600以上の空港に完備されたラウンジを無料で利用できる権利です。ラウンジはゆったりとくつろげるスペースになっており、食事や飲み物のサービスが無料で、なかにはシャワールームなどの施設を完備しているところもあります。海外の主要都市の空港にはほとんど完備されていますが、ラウンジに入ることができるのはパスを持つ限られた人だけなので、待ち時間をくつろいで過ごせる以外に防犯の意味でも便利です。空港のベンチでひたすら時間を潰すのではなく、専用の優雅なラウンジで疲れを癒したり、静かな環境で仕事に集中したりできます。

ラウンジには軽食やドリンクのサービスがあるほか、便利な電子機器の充電やWi-Fiのサービスがあり、なかにはシャワー室や仮眠室を備えているところもあります。また、ラウンジのスタッフは多言語に対応しているため、現地の言葉がわからなくても安心です。なお、ラウンジによってメニューは異なりますが、軽食とドリンクのサービスはそれだけでもプライオリティパスを持つ価値があるほど豪華なものです。飲み物はソフトドリンク以外にも、地元のビールやワインなどのアルコール類も豊富に用意されています。

また、別料金になることもありますが、スパを完備しているラウンジもあって、待ち時間を有効に活用するのに最適な場所です。なお、別料金といっても、プライオリティパスを持つ人は通常よりも大幅な割引料金で利用できます。

ゴールドカードでも一般客よりも特別なサービスを受けることができますが、プライオリティパスはさらにその上を行く手厚いサービスです。ゴールドカードの場合、手荷物検査を受ける前のスペースにラウンジが確保されているため、搭乗前に検査を受けなければならないという手間があります。プライオリティパスのラウンジは、手荷物検査を通過した後のスペースに用意されているため、搭乗時間のぎりぎりまでゆっくりくつろげるのです。

また、ゴールドカードのラウンジにも無料のドリンクやWi-Fiのサービスはありますが、数が限られており利用者が多い時には混雑してしまいます。プライオリティパスのラウンジは限られた人だけが利用できるうえに、広々とした空間と十分な設備が用意されているため、混雑を感じることはまずありません。外の喧騒をよそに、プライベートな空間で静かに過ごせるでしょう。

プライオリティパスは会員制であり、会費を支払えばクレジットカードがなくても利用できますが、特典としてプライオリティパスが付帯している法人カードに入会する方が断然お得です。

プライオリティパスには、スタンダード会員、スタンダードプラス会員、プレステージ会員とランクが3つに分かれており、サービスを制限なしに利用できる最高ランクのプレステージ会員になるには400ドル近い年会費が必要です。プライオリティパス付帯の法人カードの場合、年会費は高くても3万円程度ですから、ふつうにプレステージ会員になるより断然安いことがおわかりでしょう。海外出張の機会が多いなら利用しない手はありません。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*