法人用etcカードのメリットとおすすめのカード

ビジネスで高速道路を利用する頻度が多いなら、法人用etcカードがおすすめです。ただ、法人用etcカードにも種類があり、利用形態によって最適なカードは違います。そこで、法人用etcカードを作る際にチェックしたいポイントとおすすめのカードを紹介しましょう。

個人用etcカードでは、カードの種類によって割引制度が変わることはなく、どれもサービス内容は同じです。一方、法人用etcカードでは、カードの種類によって割引の種類が異なります。まずは、具体的にどんなメリットがあるかを詳しくお伝えしましょう。

高速道路などの有料道路の通行料金が、法人用etcカードでは大幅に割引できる場合があります。個人カードよりも割引が大きくなることもあるため、コスト削減をしたい法人におすすめです。

また、経費の管理が容易になるのも法人用etcカードのメリットです。クレジットカードと同じように、etcカードも個人用と法人用を区別することで交通費の管理が容易になります。起業したての個人事業主には特におすすめです。

ビジネスをスタートしたばかりの個人事業主の場合、個人用のetcカードで事業に必要な交通費の支払いを賄うことがよくありますが、それでは交通費にどれだけかかっているのか実態が把握しづらくなり、事務処理にたいへんな手間がかかります。その手間を大幅に削減できるのですから、起業したばかりでもetcカードは法人用を作ることをおすすめします。

利用額に応じてポイントが貯まるのもetcカードのメリットです。個人用でもポイントが貯まりますが、法人用の方が利用額がはるかに大きいため、ポイントの恩恵を受けやすいでしょう。法人用etcカードを作る時は、ポイント還元率もチェックしたいポイントです。

クレジットカード会社によって、法人用etcカードの利用で得られるサービスやポイントは異なります。カード会社によってサービスの内容に特徴があり、たとえば、JCBならレジャー関連が充実、アメリカンエキスプレスなら旅行関連が手厚いといった違いがあります。自社の利用の仕方に応じて、ぴったりのサービスを提供してくれるカードを選ぶようにしましょう。

法人用カードを選ぶ際は、入会費や年会費なども必須のチェックポイントです。特に、毎年の支出となる年会費はあまりに高額だと経費を圧迫することにもなります。年会費の高額なカードの方がサービスが手厚いのは確かですが、自社の状況と利用の仕方に応じて適切なカードを選ぶようにしましょう。それでは、以下におすすめの法人用カードをいくつか紹介します。

一つ目はアメリカンエキスプレスビジネスゴールドカードです。この通称「アメックスビジネスゴールドカード」は、ステータス性の高さで人気の法人カードであり、年会費以上のサービスが受けられるとして人気があります。追加カードの発行は無制限で、etcカードの発行可能枚数は5枚です。

付帯の旅行保険の補償額が高く、空港で利用できるラウンジサービスも手厚いため、国内外の出張が多い法人におすすめします。年会費は31,000円とやや高いですが、サービスの内容やポイント還元率を考えると値段以上のメリットが受けられます。

年会費を抑えたいならば、ビジネクスト法人クレジットカードがおすすめです。年会費が無料であり、etcカードも無料で発行できます。追加カードも必要な分だけ発行できて、その年会費も無料というお得なカードです。

個人事業主におすすめなのが三井住友ビジネスカード for Ownersです。このカードは、年会費1,250円、etcカードの年会費が500円とリーズナブルで、しかも、年に一度でもetcを利用すればetcの年会費が無料になります。追加カードも年会費400円で発行できるため、コストを抑えたい個人事業主におすすめです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*