法人カードとは?そのメリットとは?

今や現代社会の生活においてクレジットカードというのは、欠かせないサービスとなっていると言ってもおかしくありません。毎日の買い物や大きなショッピングなどをより便利にしてくれますし、ポイント還元によってよりお得に買い物ができるようになります。こうしたサービスを活用できるのは、個人だけではありません。株式会社や有限会社、個人事業者といった事業者も利用できるのです。それが法人カードです。厳密に言うと法人カードは、「コーポレート」と「ビジネス」の二つに分けることができます。このうち「コーポレート」は大企業向けのサービスで、「ビジネス」は中小企業や個人事業者向けのものとして提供されます。

法人カードとは?という質問に答えるためには、個人向けのサービスとの違いを把握するのが一番です。まず、サービスを利用するための名義人は個人名ではなく、企業名となります。また、利用代金が引き落とされる銀行口座も、個人名義のものではなく、企業名の口座であることが求められます。もう一つの違いは、個人では利用できるキャッシングが企業向けのサービスでは不可能となるということです。こうした違いが基本的な法人カードの特徴となります。

これに加えて、企業向けならではのサービスが追加されることになります。たとえば、企業はクレジットを経理作業の簡素化という目的で使うことが多いので、それをサポートするために、クレジット利用代金の明細を一元管理できるプログラムを提供しているケースがほとんどです。利用した代金の細目を分類したり、自動的に企業が使用している経理ソフトにデータを流し込めるようにしているのです。また、個人向けのサービスでは、家族会員向けに数枚程度のカードを発行することができますが、企業向けではさらにその発行枚数が多くなります。より多くの社員が同時に決済ができるようにするためです。

こうした特徴を持つ法人カードですが、利用にはたくさんのメリットがあります。まず、クレジット利用とすることで、キャッシュフローをスムーズにすることができます。現金支払いではなくクレジット決済となれば、実際の支払いを翌月もしくは翌々月まで伸ばすことができますし、分割払いにすることも可能です。いわば融資を受けているのと同じような効果を生み出しますので、手元に資金がなくても商品を仕入れたり、次の収入確保までのタイムラグを埋めたりできるのです。

もう一つのメリットは、事業者としての信頼度をアピールできるという点です。いわゆる新参の事業者だと信頼がないため、売掛に応じてくれないことも多くありますが、クレジットサービスを受けられる立場にいるということを示せますので取引先に安心してもらえます。また、知名度の高いクレジット会社のゴールドカードなどを持っていれば、それだけでも信用状況が高いと思ってもらえますので、無言のうちに相手の信頼を勝ち得ることにつながります。

この効果を最大限に活用したいと思っているのであれば、ちょっと年会費の高いステータスの良いサービスを利用するのがベストでしょう。信用を得られるというのは、年会費を払うだけの価値があるものなのです。

実務的なメリットとして大きいのは、経理処理を簡素化できるということでしょう。決済が必要になるたびに現金を社員に渡して、それを毎回記帳していくというのは煩雑な作業となります。しかし、法人カードを持っていれば、その手間をなくすことができます。実際の支払いとなる銀行引き落としは、すべての取引で同じ日になりますので、支出に関する記帳もかなり楽になります。しかも、データはデジタルで直接クレジット会社から送られてきたものを、自社で使っているソフトに落とし込めるので、入力作業自体が大幅に簡素化されます。

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. こんにちは、これはコメントです。
    コメントの承認、編集、削除を始めるにはダッシュボードの「コメント画面」にアクセスしてください。
    コメントのアバターは「Gravatar」から取得されます。

コメントを残す

*