おすすめの法人クレジットカード

nttファイナンス株式会社が発行するビジネスカードの特徴

nttファイナンス株式会社が発行する法人カードが、「nttファイナンスBizカード」です。年会費無料のレギュラーカードと年会費1万円(税別)のゴールドカードがあります。nttファイナンスBizカードのスペックを詳しくお伝えしましょう。

nttファイナンスBizカードには、レギュラーカードとゴールドカードにそれぞれ法人用と個人事業主用があるため、その種類は合計4つになります。レギュラーカードは年会費無料で、追加カードも年会費はかかりません。1万円の年会費がかかるゴールドカードは、追加カード1枚発行につき年会費2,000円がかかります。これだけの差があるため、ゴールドカードの方がもちろんカードとしてのスペックは高いですが、年会費無料のレギュラーカードでも法人カードとして十分に使えるスペックです。

年会費以外の費用では、レギュラーカードの場合、明細書を発行して郵送してもらう場合、1通当たり100円(税別)の手数料がかかります。また、ETCカードが発行できますが、こちらの年会費が500円(税別)です。ゴールドカードでは、明細書の郵送もETCカードも無料になります。

nttファイナンスBizカードにもポイントプログラムがあります。ポイント還元率は1%で、通常、1,000円の利用ごとに1ポイントの付与ですが、nttグループに対する支払いについては200円で2ポイントの付与となっています。ポイントを貯めると、そのポイント数に応じて、キャッシュバックや、商品券やカタログギフトなどとの交換に利用可能です。

次に、nttファイナンスBizカードのおすすめポイントを見ていきましょう。法人代表者や個人事業主にとってメリットとなるのが、利用明細を分割できることです。会社の代表であれば、法人カードでプライベートの支払いをすることもあるでしょう。こうした場合、一般的なカードでは、ビジネスでの支払いとプライベートでの支払いのどちらも混在して明細に記録されてしまうため、経費処理の手間がかかってしまいます。ところが、nttファイナンスBizカードの場合、最初から明細分割機能が備わっており、ビジネス用とプライベート用を区分して記録し、それぞれの明細を別々にダウンロードできるようになっているのです。

出光で給油する機会が多い方にとって、nttファイナンスBizカードはお得です。出光での利用金額に応じて、翌月以降、割引価格で給油できるようになります。利用額が大きくなるほど割引率も高くなるため、社用車を多く抱えている企業におすすめです。

ショッピング保険も充実しています。レギュラーカードは、年会費が無料なのにもかかわらず、年間100万円までのショッピング保険がついており(ゴールドカードは300万円まで)、しかも、国内だけでなく海外での利用についても補償が適用される仕組みです。日本国内と比べると海外からの通販はトラブルが多いですが、nttファイナンスBizカードなら、海外通販でのトラブルで損失を被ったときにも損失をカバーしてくれます。備品の購入などで海外通販をよく利用される方におすすめです。

旅行保険も付帯しています。レギュラーカードでも最大2,000万円の補償額の海外旅行保険が自動で付帯されるのでお得です(ゴールドカードは最大1億円)。国内旅行については、旅費の支払いをnttファイナンスBizカードで決済するなど利用付帯となりますが、補償額は同じくレギュラーカードで最大2,000万円(ゴールドカードは最大5,000万円)となっています。出張の多い方にうれしい特典です。

ゴールドカードだけの特典としては、空港ラウンジを無料で利用できるのと、海外でも日本語での電話サポートが受けられることなどがあります。海外出張のない方にはレギュラーカードでも十分なスペックではないでしょうか。

海外出張が多い方におすすめ!プライオリティパス付帯の法人カード

ビジネスで海外出張が多い方におすすめなのが、プライオリティパスが付帯した法人カードです。海外の空港では待ち時間が長いことも多く、そんな時間をもっと有効活用できたらと感じることもあるでしょう。プライオリティパス付帯の法人カードならそれができます。ゆったりした空間で食事やお酒を楽しみながら出発までの時間を待つことも可能です。そこで、プライオリティパスの特徴を詳しく見ていきましょう。

ビジネスで世界各国に出かける方は、目的地以外のハブ空港での待ち時間も多いはずです。行き先によっては途中の空港で数時間も待つことを珍しくありません。そんな経験をしたことがある方におすすめなのがプライオリティパスです。

プライオリティパスとは、世界100カ国以上、600以上の空港に完備されたラウンジを無料で利用できる権利です。ラウンジはゆったりとくつろげるスペースになっており、食事や飲み物のサービスが無料で、なかにはシャワールームなどの施設を完備しているところもあります。海外の主要都市の空港にはほとんど完備されていますが、ラウンジに入ることができるのはパスを持つ限られた人だけなので、待ち時間をくつろいで過ごせる以外に防犯の意味でも便利です。空港のベンチでひたすら時間を潰すのではなく、専用の優雅なラウンジで疲れを癒したり、静かな環境で仕事に集中したりできます。

ラウンジには軽食やドリンクのサービスがあるほか、便利な電子機器の充電やWi-Fiのサービスがあり、なかにはシャワー室や仮眠室を備えているところもあります。また、ラウンジのスタッフは多言語に対応しているため、現地の言葉がわからなくても安心です。なお、ラウンジによってメニューは異なりますが、軽食とドリンクのサービスはそれだけでもプライオリティパスを持つ価値があるほど豪華なものです。飲み物はソフトドリンク以外にも、地元のビールやワインなどのアルコール類も豊富に用意されています。

また、別料金になることもありますが、スパを完備しているラウンジもあって、待ち時間を有効に活用するのに最適な場所です。なお、別料金といっても、プライオリティパスを持つ人は通常よりも大幅な割引料金で利用できます。

ゴールドカードでも一般客よりも特別なサービスを受けることができますが、プライオリティパスはさらにその上を行く手厚いサービスです。ゴールドカードの場合、手荷物検査を受ける前のスペースにラウンジが確保されているため、搭乗前に検査を受けなければならないという手間があります。プライオリティパスのラウンジは、手荷物検査を通過した後のスペースに用意されているため、搭乗時間のぎりぎりまでゆっくりくつろげるのです。

また、ゴールドカードのラウンジにも無料のドリンクやWi-Fiのサービスはありますが、数が限られており利用者が多い時には混雑してしまいます。プライオリティパスのラウンジは限られた人だけが利用できるうえに、広々とした空間と十分な設備が用意されているため、混雑を感じることはまずありません。外の喧騒をよそに、プライベートな空間で静かに過ごせるでしょう。

プライオリティパスは会員制であり、会費を支払えばクレジットカードがなくても利用できますが、特典としてプライオリティパスが付帯している法人カードに入会する方が断然お得です。

プライオリティパスには、スタンダード会員、スタンダードプラス会員、プレステージ会員とランクが3つに分かれており、サービスを制限なしに利用できる最高ランクのプレステージ会員になるには400ドル近い年会費が必要です。プライオリティパス付帯の法人カードの場合、年会費は高くても3万円程度ですから、ふつうにプレステージ会員になるより断然安いことがおわかりでしょう。海外出張の機会が多いなら利用しない手はありません。

楽天ビジネスカードはプレミアムカードの審査通過が最大ポイント!

楽天銀行から便利でステータス性の高いビジネスカードがリリースされて、ちょっとビジネス界で話題になっています。その申し込み方法や審査について気になっている方は多いことでしょう。

今回は、楽天ビジネスカードの申請・審査についてチェックしてみましょう。

楽天ビジネスカードの申し込み条件は?
大手ネットバンキングの楽天銀行が、利便性の高いビジネスカードの提供を始めています。

でもちょっと変わっているのが、申請条件が他のカードと異なっているということです。実はビジネスカード単体での申し込みを受け付けていません。必ず楽天プレミアムカード取得者か、あるいはプレミアムカードとビジネスカードの同時申し込みでないと審査してもらえないんです。

つまり、申し込む個人事業主か中小企業の経営者の方本人は、楽天プレミアムカードのユーザーになる必要があるということです。

ですがプレミアムカードを取得できれば、ビジネスカードの発行はかなり容易になります。ここがポイントで、楽天ビジネスカードはプレミアムカードの付随カード的な存在だということです。

ならばプレミアムカードの審査をチェックしておくのが先決でしょう。

楽天プレミアムカードの申込条件や審査は?
年間10000円+税の会費が掛かる楽天銀行最高ランクのゴールカードということで、カード入手が困難なのではと考える方は少なくないでしょう。一般的にゴールドカードクラスの場合、銀行からのインビテーションを待つことが多いのですが、楽天プレミアムカードは自己申告制で、欲しいと思えば自分で審査を申し込むことが可能です。

もともと楽天銀行は、万人向けとしてデビットカードやクレジットカードの審査が優しいと評判があります。そこから考えればプレミアムカードでありながら、他行のゴールドカードよりも入手しやすいのです。

まず申し込み資格ですが、20歳以上で本人に安定した継続的な収入のある方とだけあります。ノーマルな楽天カードでは、18歳以上で学生や主婦も可能になっていることを思えば、若干ハードルは高いでしょう。

ですがプレミアムカードだけならば、収入のある学生でもOKなんです。それを聞けば、難易度のレベルも理解できるかもしれません。

審査方法は、楽天独自の自動審査用スコアリングシステムがメインで、審査委員のチェックも加味されています。

審査項目は職種・勤続年数・年収が重視されています。ただし職種自体の制限はありません。もちろん個人経営者でも全く問題ありません。

勤続年数・事業継続年数の場合もケースバイケースで、新規法人や開業間もない場合でも審査が通る可能性があります。

年収に関してもボーダーラインは特に決まっていないようですが、一説では400万円ぐらいでクリアできると言います。

ただし金融履歴・クレジットヒストリーは重視されます。金融に関する個人信用情報です。過去に支払いの遅延・滞納や債務整理など、トラブルを起こした記録がある方は難しいでしょう。

そして申告時の借金総額と収入との比率もチェックされます。借入額の多い方は要注意です。

プレミアムカードの審査通過でビジネスカードもOK!
先にも言いましたが、ビジネスカードはプレミアムカードの追加カード的な存在です。結論を先に言うと、プレミアムカードがもらえれば、ほぼビジネスカードが入手できます。
*もちろん個人事業主か中小企業の経営者という前提はあります。

その理由は利用限度額の設定です。プレミアムカードとビジネスカードは合算で利用限度額が決まります。つまりプレミアムカードの利用限度枠内で利用できるカードなのです。

楽天銀行としては、プレミアムカードに与えた利用限度を守っていれば、事業の目的で使用しても良いと判断しているんです。わざわざビジネスカードの設定をするのは、ユーザーに対する利便性アップの目的が大きいのです。

という訳で、会社の業績も確認不要です。極端に言うと、赤字経営でも発行してくれます。あくまでも個人の信用で提供されているサービスなんです。

そう言うことですので、楽天プレミアムカードが取得可能な人は積極的にビジネスカードも申し込むと良いでしょう。使い勝手の良さは評判通りです。きっとあなたの事業展開でプラスになってくれるはずです。